小型船舶操縦免許証等の弾力的な運用について

新型コロナウイルス感染症対策に関連しまして、免許申請・更新申請・失効再交付申請を行うことができなかった場合について、やむを得ない事情がある場合、当面の間、弾力的措置が講じられます。

【九州運輸局ホームページ】
http://wwwtb.mlit.go.jp/kyushu/content/000159296.pdf

もし該当されると思われる場合はご連絡・ご相談下さい。

関連記事

堀川船舶株式会社 マリンサポート事業部


小型船舶免許教室の卒業生や海と縁遠い方々が海を利用しやすくする、「人」と「海」のパイプ役を担っています。

ピックアップ記事

  1. 2020年10月31日(土)と11月1日(日)に、「2級海上特殊無線」の講習を開催いたします。 …
  2. このたびの外出自粛期間におきまして、次の通りZOOM(ズーム)を活用したオンラインでの通信教育を開催…
  3. 新型コロナウイルス感染症対策に関連しまして、免許申請・更新申請・失効再交付申請を行うことができなかっ…
  4. 堀川船舶「マリンサポート部」では、小型船舶免許教室の卒業生や海と縁遠い方々が海を利用しやすくする、「…
  5. ボート免許教習の申込に必要なもの
    ボート免許教習の申込に必要な申請書類や手続きを動画で説明しています。お申込み前にぜひご覧ください。 …
ページ上部へ戻る